12/05の日記

23:45
235
---------------

⊂day-to-day⊃
No.235
------------------
⊂ backyard ⊃
------------------




都市伝説と
PSI現象の
狭間に1ケの
話が在る



[42]
“stasi”







『監視国家』
書評より抜粋
・・・・・・・・・・・・・・・・・・






協力者まで含めれば国民の約六・五人に一人がシュタージだったという鉄壁の監視体制は、 しかし、 自国が崩壊しつつあることを見逃していた。 日本でも流行語のように安全・安心という言葉が唱えられるようになったが、 治安維持が自己目的化して暴走する危険性を省みる契機にしたい一冊だ。

武田徹・ジャーナリスト




「史上最も監視体制の徹底していた国」とされる旧東独。 その超管理社会の恐怖を描いた魂を震わす渾身のルポである。 旧東独国家保安省 Ministerium fu¨r Staatssicherheit。 ドイツ語の“シュターツジッヒャーハイト”を縮めて「シュタージ」。 ナチ時代の秘密国家警察 Geheime Staatspolizei を縮めた「ゲシュタポ」はあまりにも有名だが「シュタージ」の方はまだそこまで一般に知られてはいない。

水島朝穂・早大法学部教授




社会主義の“敵”はイデオロギーの対立だけから生まれるものではなかった。 ごく普通の子供を心配する母親が“敵”となる。 外国人ペンフレンドを持つ少女が執拗な監視対象となる。 有名ロックバンドはそもそも存在しなかったことになる。 中に出てくるエピソードでの、 国家の“敵”とされたきっかけはたわいもないことだった。 そして、 遂には、 全国のシュタージ・オフィスが“敵”に取り囲まれる。 “敵”から自らを守るために作られた組織が“敵”の定義を広げ過ぎたために、 自壊してしまったのだ。

投稿者:靖夫







これらは
アナ・ファンダー著
伊達淳訳
『 監視国家― 
東ドイツ秘密警察
(シュタージ)に
引き裂かれた絆 』
(白水社)

の書評の一部です。

旧東ドイツは
ドイツ民主共和国
の事。
1949年に誕生、
1989年11月
ベルリンの壁が崩壊、
翌年10月
旧西ドイツと合併し
統一ドイツに
なるまで続く。



大学生と思われる男
性が書いた『記憶の
場所』と言うタイト
ルのサイト上ではこ
の旧東独に実在した
組織についてこんな
事が書かれている。


─────────
「記憶」の場所 (9)
記録・集積・抹消・再現


盗聴と盗撮と聞けば、 人は今この国のいたる所に設置されている監視カメラのことを思うかもしれない。 しかし、 シュタージが行ったことに比べれば、 監視カメラなどは稚気のようなものだ。 というのは、 監視カメラは行動を監視することはあっても人間関係をずたずたに切り裂くほどの力はないからである。 シュタージが狙ったことは、 人びとを相互監視の網の目のなかに捕捉することによって、 誰も信じられない人間、 誰とも心を通わすことができない人間、 つまり社会的な関係性を破壊して、 無防備で、 ただただ他者を恐怖する、 そのような孤絶した人間を作りだすことだったからだ。







監視による被害は水
島朝穂教授のコラム
で具体的な内容が一
部紹介されている。


─────────
「壁とともに去らぬ」
旧東独の傷口


夫婦生活の回数までシュタージに報告されていた。 お互いが密告を疑い、 統一後は離婚が続出した。 冬季五輪で金メダルを獲得したスケート選手、 カタリーナ・ビットの告白記『メダルと恋と秘密警察』(畔上司訳、文藝春秋社) も生々しい。 そこには「20時00分からセックス。 20時07分終了」というシュタージ報告書のことが紹介されている。 ビットの怒りは「こんな短いはずがない」ということ以上に、 密室の行為を誰が報告していたかに向けられている。



(・ω・)…ひどいね
    そんな短い
    はずねーよな





水島教授はこうも書い
てる。 『ホーエンシェ
ーンハウゼンにあるシ
ュタージ監獄。 ここに
収容された人々は受刑
者ばかりではない。多
くの政治犯が精神病扱
いされ薬漬けでボロボ
ロにされたという』

教授がノルマンネン通
りのシュタージ記念館
を見た感想は…   
↓ 


─────────
「壁とともに去らぬ」
旧東独の傷口



何のために、
そこまで
やったのか。

「党の盾と矛として」
「党を人民から 
 守るために」
……

巨大秘密組織の
自己増殖運動の
恐怖である。







末吉理恵さんは web上
のリポートで、 彼らの
考えをこう説いてる。


─────────
旧東ドイツ秘密警察
シュタージ


シュタージの発想は、 世の中には考えの足りない人や、 成熟していない市民がいる。 我々シュタージはこういう人たちの考え方や振る舞いを変え、 彼らを幸福にしてやらなくてはならならないのだと言う。 しかしその幸福の尺度はシュタージが作ったものに過ぎず、 市民にとっては苦痛にしかなっていなかったのである。 表向きは言論の自由も旅行の自由も認めているようでありながら、 事実上は国の隅々まで伸ばされたシュタージの手による締め付けによって自ら考え、 表現し、 自分の人生を切り拓いていく自由をほとんど奪い取っていた。 彼らは暴力から隠謀まで、 あらゆる手段を使って人々を“幸せ”にしようとした独自の道徳を作り、 人々の行動をただす全能の神の役割を演じようとしたのであった。 彼らには、 罪悪を感じる事はなかったのだ。








シュタージは“民主共
和国”と言う特異なナ
ショナリズムが産み出
した訳ではない。 政治
体制による背景よりも
歪んだ群衆意識を煽動
した結果がそれを産み
出した。 どんな国でも
いつの時代でも、 一部
の民衆がある権力を持
った時、 その力を悪用
し踏み外して暴走すれ
ば起こり得る。 歪んだ
群衆意識が向かう先は
何があったと思う? シ
ュタージの最後を水島
教授はこう記してる。


─────────
「壁とともに去らぬ」
旧東独の傷口



ある時、
駅前で
『アンデレ』という 
市民団体の機関紙が
配布された。
すぐに
人だかりができた。
秘密警察
シュタージ職員の
実名、生年月日、年収を
記したリストが
公表されたのだ。


『アンデレ』(Die Andere)は、 旧東独の市民運動の機関紙である。 その1991年3月20日号がシュタージの正職員の実名・生年月日・年収額を公表した。 4月17日まで5回連続で計 10000人分が明らかにされた。 シュタージ職員は9万7000人といわれている。 その9分の1の実名が手元にある。

同紙は水曜発売だが、 毎週火曜日夕方4時半から、 アレクサンダー広場駅前で先行販売された。 私はアパートの部屋からずっと見ていて、 人だかりができるとエレベーターで降りて必ず5部買った。

自分や身内の名前があるかもしれないと不安げな人。 シュタージにひどい目にあって関係者の名前を知ろうと見にきた人。 ベンチで食い入るようにリストに見入る中年男性…。 4月中旬まで、 毎週火曜日の駅前広場は、 異様な雰囲気に包まれていた。









旧東ドイツの秘密警察
・諜報機関である国家
保安省(略号:MfS)──
徹底した監視態勢で東
ドイツ国民を震え上が
らせるばかりでなく、
西ドイツにもスパイを
送り込み、 東西両ドイ
ツ国民から恐れられた
シュタージは、1989年
11月、ベルリンの壁が
崩壊し国家保安局に改
称する。 同年12月、同
局は解散。 組織は終焉
する。 同じ自国民に対
し、 彼らは、 不法逮捕
・拷問・思想弾圧・高
度な盗聴技術を持つ密
告システムによって全
てのプライベイトと感
情を盗り上げた。 同じ
自国民に標的を定め24
時間監視していた。 民
衆の心に潜む優越感に
起因した残虐性を曝け
出し切る様な、 それら
の監視活動を行った人
々のプライベイトが、
最後に明かされる日が
やって来る。 2001年1
月2日、 インターネッ
ト上にエージェント10
万人のリストが掲載さ
れる。 リストには氏名
だけではなく、 彼らの
評価や毎月の報酬まで
の詳細なデータが書か
れていたそうだ。   

思うんだ。      
人には誰にも    
人権がある。     
被害者にも、     
そして加害者にも。  


















武田徹
ジャーナリスト
▽産経新聞 書評『監視国家』
オーウェルの『一九八四年』の世界のような旧東独社会を再現
http://www.sankei.co.jp/news/051205/boo013.htm

水島朝穂
早大法学部教授
▽書評『監視国家』
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/shohyo-kanshikokka.html

水島朝穂
早大法学部教授
▽「壁とともに去らぬ」―旧東独の傷口
http://www.asaho.com/jpn/bkno/2005/1121.html

投稿者 : 靖夫
▽監視国家〜東ドイツ秘密警察(シュタージ)に引き裂かれた絆〜ー関心空間
http://www.kanshin.com/keyword/869864

▽「記憶」の場所(9) 記録・集積・抹消・再現
http://www.tcn.zaq.ne.jp/t_harada/profile/saik_151.html

末吉理恵
▽旧東ドイツ秘密警察 シュタージ
http://www.fl.reitaku-u.ac.jp/〜yokuno/Semi/sueyoshi.htm










(・ω・)…あのね
    因みにコレ
    シュタージ、
    集ストと
    えらく
    被るけど、
    日本には
    そんな
    公的機関
    ないからね

    公安だって
    法治の基に
    あるからね

    非公認で
    希望者募って
    他人のセク〜ス
    タダ見してたら
    ソレただの
    違法盗撮
    チカン軍団
    だから…



 ↑公安さん達
  集スト犯人を
  取り締まって
  くれりゃいーのに
  もし暇なら


(・ω・)…暇なら…
    って…









Dec.30th.'07


No.Lineup
Topへ
































前へ|次へ

日記を書き直す
この日記を削除

[戻る]



マンガ・アニメ・ゲーム・声優情報満載!!

©フォレストページ