言の葉


時の流れはとめどなく

唄うしらべは清らかに

山を越え、川を越え 国を越え・・・・・

時代さえも越えて辿り着いた言葉の舟よ


来世に続く橋となれ…

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ