本棚V

□『片想いの連鎖~j.m~』
1ページ/1ページ


「え?」

入荷したばかりのパーカーを手に、松本さんがビックリした顔で振り返る。

「だから、相葉さんがなっちゃんといらっしゃいましたよって。なっちゃん、偶然うちの系列のショップの常連さんで、私もすぐ仲良くなっちゃいました。」

そう笑顔で言った私に

「………お前、バカなの?」

冷たく言われた一言が、
胸を突き刺す。

「ふふっ。ひどいなぁ。まぁ、バカですけど。」

営業スマイルは得意。
だから…きっとうまく笑えてるはず。

「……あー……ごめん。マジでごめん!これだからだめなんだよな。」

慌て出す松本さんに笑ってしまう。

「松本さんの言いたいこと、わかります。……相葉さん、すごく楽しそうだったんです。なっちゃんと洋服選んでる時とか、見たことない表情で…。」

「……。」

「素の相葉さんに戻せるのは、なっちゃんなんだなぁって。……私には、無理だなって。」

「……そっか。」

松本さんは、何事もなかったように服を選び出す。

そして、ふと手を止めた。

「やっぱ、やめた。他に欲しいもの見付かったから。」

「え?はぁ。何か気になりました?」

お店の中を見渡す。

「俺、冬が欲しい。」

「………え?」

「俺さ、冬が相葉さんのこと諦めるの待ってたから。」

「……………。」

「ホントに。」

私をじっと見つめる松本さん。

「……まつ毛、ホントに長いですよね。」

「……ぷっ。なんだそれ。」

「あっ!ごめんなさい!いや、ほら、なんか、ね?」

突然の告白に動揺してしまい、思わずわけのわからない感想を…

「あはははは。ったく。でもさ、そういうところも好きなんだよな。」

ふわりと抱き締められる。

「ね、冬。今日からはさ、俺のこと見てよ。」

「…………いいん…ですか?」

「俺はさ、ずっとずっと冬がよかったし、冬がいい。」

優しい笑顔を向けてくれる松本さんに、私も自然と笑顔になる。

そして

恋が
動き出す…。

.

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ