ACE COMBAT     〜DOG OF WAR〜

2005年
5月21日
午前6時13分
ベルーサ大陸の外れに位置する小国
「グリーメイア共和国」
が、突如として隣国
「カレナ公国」
の宣戦布告同時攻撃を受ける。
後に言うカレナ・グリーメイア戦争の始まりである。
このカレナ・グリーメイア戦争は、当初カレナ公国の圧勝に終わると見られていた。
伝統ある強大なカレナ公国軍の前に、無残な敗走と惨敗を重ねるグリーメイア軍。
戦争の行く先は、誰の目にも明らかであった。
しかし、その予想を大きく覆し、カレナ公国軍に鉄槌を下した一人のエースパイロットが現れた。

彼は、カレナ公国軍の間では
[ヒルドルヴ]

グリーメイア共和国軍の間では
[北の騎士]

と呼ばれ、単機で一個中隊の戦闘力に匹敵するとまで謳われた。
これは、そんな彼を追ったストーリー。
カレナ・グリーメイア戦争の空に、流星の如く現れたトップエース。
彼の翼跡を此処に記す。

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ