小説

□デレがいっぱい
1ページ/2ページ

この話はごく普通の俺がイロイロなデレキャラに囲まれている話である
「ねぇー起きてよ〜」朝、目が覚めたら目の前にメロンパンの飾りをつけている少女がいた。
まぎれもなく俺の幼馴染みだ
「…ああ…おはよ」
「やっと起きた!」
少し脹れっ面しながら大地のばかぁ〜
と言っていた
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ