想い出は空と共に
いらっしゃいませ!

貴方は6159人目の壤夷志士です

銀魂の小説を置いてます。

どうぞ御覧ください

初めての方は『始めに』を読んでください


最近うΡ率ひくくてごめんなさいです(..)
生徒会やらなんやら…眠れぬ日が続いたゆえ…(..`)
これからは頑張っていきますよ


移転することにいたしました!

想い出は空と共に
これからもよろしくお願いします!
始めに
小説置き場
てがみ

宣伝場…掲示板

イラスト置き場


観覧ありがとうです(*^^)
↓登録しているランキングサイトさまです

銀の魂を持つ者[Silver Soul]

光に包まれて

*銀魂*

土*銀★受Search

銀☆魂★らんく

SILVER×SOUL

銀魂総合ランキング


来ていただき本当に嬉しいです
また、来てください




貴方に美しいと言われたから、その言葉を忘れ形見のように、この髪にこめた。触れて貰えるのが嬉しくて、伸ばしていた。もう先生は居ないのだと、忘れろと、軽蔑の意を込めて彼奴は俺をヅラと呼ぶが、解らんかな、今は違うってこと。今はお前に、お前の仲間に、からかわれるのさえ嬉しくて、それを目当てに伸ばしているのに。―桂
.


ブックマーク|教える
最終更新日 2012/04/04




©フォレストページ