禁断宝物庫

□不機嫌少女と稲荷神
1ページ/1ページ

不機嫌少女と稲荷神。
〜イチニチメ〜



《オヤカタサマ、キタヨ!》
「……」
《チイサイ、カワイイコ!》

「……莫迦な娘め…」


「此処…?」

村の外れにある森の入り口にひっそりと存在する神社
うっすらと石に刻まれた文字が〔…稲荷神社〕と読める
存在感の薄さに反比例して真っ赤な鳥居を恐る恐るくぐった


「何しに来た」
「ッ!」

突然投げかけられた強い言葉に肩が震える

「…誰?」

振り返った先には、白い着流しを着た青年が立っていた

「質問に質問で返すな。教養がない証拠だな」
「な…っ/;」

これでも学校の成績はいいほうなので多少腹が立ち、何かしら言い返してやろうと近くへ歩み寄った

「…え?」



次に続く。
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ