小説

□はじめての気持ちside小野D
1ページ/1ページ

いつからだろう
あの人をこんな風に見るようになったのは


『おはようございます。神谷さん』
『あぁ、小野くんおはよう』

今日も可愛いなぁ…

そう、俺はいつからか神谷さんのことを可愛いと思うようになっていた。最初は先輩だし、年上だし、ましてや同性だしそんなことないと思ってたのに、気づいてしましった……神谷さんのことが好きだと言うことに


『小野くん?何ニヤニヤしてるの?気持ち悪い』『何でもないですよ!ってかキモかっこいいって言ってください!』

これが証拠だ。

神谷さんを見ていると知らない間にニヤけているらしい



本当の気持ちが言えたらいいなぁって思う時もあるけど、今はまだ、先輩だし、年上だしって思って言えないから

まだ気づかないでくださいね


俺から言いたいから…



━━━━━━
はじめまして!
青といいます♪
ここまで駄文に付き合ってくださってありがとうございます!!

よかったら感想なんかくださったら嬉しいですヾ(≧∇≦*)〃
 

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ