外外物語

現実にいないあなたに
俺は"恋"したんだ。

夢の中のあんたは
幸せそうに笑ってて…




正直羨ましかった。





何度も
何度も



俺の名前を呼んで
笑って




幸せだったのに
夢から覚めると


いつもの毎日で…



現実にあんたはいなくて





どんなに願っても
かなわなくて…




でも…
会いたいと思うほど
遠くて
苦しくて




もう一度
会いたいと願うほど
会えなくて
忘れようとすると
よけい思い出して辛くなる。



馬鹿だな…俺。

あんたなんかに恋しなければよかったのに。




意地悪だよな…神様って。



なんで…
夢なんだよ。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ