時空を越えて



「時空を越えて。そう!私達は時空を越えて銀魂の世界にトリップしてしまったのだ!」

「…え、このテンションについてかなきゃダメなのか?」

「いや…別に…レッツ☆ファンタジー!とか言っとけばいいと思うよ?」

『ってなわけで…レッツ☆ファンタジー!』

「ちょっ…」


【※主1がメインです】

初めてこの小説を読んで下さる方は解説を読んで下さい。このお話の注意書きが書いてあります。

.


表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ