†小説置き場†

ミルフィオーレの俺はヴァリアーに捕まっている…
「よぉお目覚めかぁ?」
「まぁな」     
人質として… 
「さぁはいてもらおうかぁ」
白蘭様に口止めされてんだだれがゆうかよ
「はやくいわねぇと」
「自分がこわれちまうぜ」銀白のやつが俺のズボンの中に手を入れナニを触ってきた
「んぅ…あ゛…やめっ」
「もう感じてんのかのか?」
そして穴に指をいれる 
グチュリと妖艶な音が響く
「んあ゛ぁや…だぁあ゛」「バージョンアップだぁ」指を一気に三本入れてきた「ん゛ん…アゥ…やっや…」
 
銀白野郎は自分のをネジいれてきた
「やらぁ…あ゛ぁらめ…っいだいぃぃ」
やつはピストン運動を激しくしてきた 
「イくぅぅぅやだぁぁ」
「くっ…出すぞ」  
ドクリと俺の中で出した…もちろんおれも
「ハァっ…ハァっ…ウゥ」



そしてジル(俺)はにどとミルフィオーレに帰ることはなかった…

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ