創作

□御伽噺異伝 弐
1ページ/2ページ


 鬼が島を旅立った桃太郎が辿り着いたのは、人気の無い静かな浜辺であった。

 桃から生まれて以来、桃太郎は鬼が島から離れた事が無かった。
 漁に出る事は幾度もあったが、それらは全て沖合の方角である。此度のように人の領分まで訪れた事は一度も無い。

 その事も含めて鬼達は心配したのだが、桃太郎はそれを明るく笑い飛ばした。

「俺は海鬼族最強の男だぞ。何を恐れる事がある。むしろ見た事の無い人間を見られるんだ。楽しみでしようがない」

 そんな桃太郎が胸を弾ませて歩いていると、前方に人間が一人佇んでいた。

 粗末な着物に身を包み、緩い癖毛を引っ詰めにして結っている。
 背格好から男女の見分けはつかないが、まだ若いという事だけは窺える。
 若者は痩せた腕に漆黒の玉手箱を抱え、夕陽の浮かぶ水面を茫然と眺めていた。

 生まれて初めて見る人間に、桃太郎の好奇心は大いに刺激された。
 生気が無い様子にも怯まず、桃太郎は軽い調子で声をかける。

 すると若者は青い顔をゆらりと向けて、こう聞いた。

「あんたはおらを知っているか?」
「知らない。初対面だ」

 はっきりきっぱり桃太郎が返すと、若者は青い顔を更に青ざめ、がくりと膝を折る。

 驚く桃太郎の前で、若者は訥々と喋り始めた。

 なんでも夢のような場所から帰って来ると、故郷は故郷ではなくなっていたという。
 途方も無い時間だけが過ぎてしまっていたという。

 若者に残されたのは、粗末な着物と上等な玉手箱が一つだけ。
 家も家族も何もかもを失い、若者は絶望しきった顔で海を眺める。

 そしてふらふらと玉手箱の紐に手をかけた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ