創作

□御伽噺異伝 参
1ページ/2ページ


 桃太郎と浦島太郎が歩いていると、どこからか甲高い悲鳴が聞こえました。

 驚いた二人が周囲を見回すと、それはどうやら川から聞こえてくるようです。
 何かと思い川面を覗き込めば、小さな物体が水しぶきを上げて流れてきました。

 その姿を視認し、二人は再び驚きます。
 なんと人の形をしているではありませんか。

「ずいぶん小さいが、あれは人間か?この川に住んでいるのか」
「違う、溺れているんだよ」

 浦島太郎は慌ててそれを掬い上げました。



 浦島太郎の両の掌に乗る、ずぶ濡れの物体。
 間近で見ても、やはりそれは人間のように思えます。

 ただ、その背丈は驚くほど小さいものでした。

 浦島太郎が恐る恐る声をかけると、ぐったりとした声が返されます。

「か、かたじけない…」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ