創作

□御伽噺異伝 陸之後
1ページ/2ページ



 夢を見たんだ。


 カウ、カウ、カウと、一羽の鶴が鳴いている。
 青い空を悠々と、一羽の鶴が飛んでいる。

 小高い丘から眺めていると、低く掠れた音が聞こえた。断続的に聞こえるその音に意識を向ける。

 ―――潮騒だ。

 音の正体に気付けば、視界からは緑の野が消え、青い海が広がっていた。
 更に視線は瞬時に高度を上げ、見上げるばかりだった空が一気に近付いた。
 足は地を離れ、身体は宙を漂う。

 急な展開に驚きの声を発すると、それは「カウ」という音となって耳に届く。

 そうして、おらは自身が鶴になっていることを知った。

 おらは鶴の姿で空を飛ぶ。カウ、カウ、カウと、鳴いているんだ。

 真白な羽で風に乗り、青い空の直中で泳ぐように円を描く。

 ふと眼下を臨めば、そこにはよく知る浜辺と海があった。
 おらが生まれた地にある浜辺だ。一目で分かった。懐かしい、あの浜辺。
 波打ち際は浜辺と海をぼんやり区切って、砂から水へと支配を移す。

 沖へ広がる海はどこまでも青くて、果てなどなかった。

 おらは鶴の姿で飛んでいるんだ。
 たった一羽で、青い世界を…たった一人で………?



「…いや、違う?」

 昨夜見たという夢の内容を桃太郎に聞かせていた浦島太郎だが、自分の言葉にふと首を傾げる。

「何が違う?一人ではなかったのか?」

 黙って話を聞いていた桃太郎も疑問を口にする。
 野に寝転んだまま、視線だけを隣に座る浦島太郎へと向けた。
 柔らかな陽射しの下、夢路を辿っているらしい友人が、茫洋とした瞳で虚空を見つめる。
 その視界に何が映っているのかを、桃太郎は知らない。

「おらは、鶴は一羽きりだったけど…もう一人、もう一つ、存在していた…?」
「もしかして、それは俺か?」

 期待を込めて問うも、それは外れていたらしい。俯いた浦島太郎が、首を左右に振った。

 時が経つにつれ、夢は霞の如く朧に変じ霧散する。早く思い出さねばと気が逸るも、夢の欠片は記憶の底へ溶けるように消えていく。

「懐かしい、会いたいと願う人…おらが、おらの、大切な…」

 誰かがいた。何かがあった。それは確かなのに、上手く思い出せない。思い出したいのに、思い出せない。

 早く、早く。夢を掬い上げる事に集中する。眉を寄せ、こめかみを手で押さえる。呼吸をするのも煩わしい…

「浦島」
「っ」

 桃太郎の強い呼び掛けに、浦島太郎はハッと顔を上げた。隣を見れば、仰向けに倒していた上体を起こした桃太郎と目があった。
 目を瞬かせる浦島太郎に向かい、桃太郎は一言一句を強調するように話し掛ける。

「夢は、夢だ。夢に意識を注ぎ過ぎれば、現に戻って来られなくなる」
「桃…」
「浦島の夢に誰が出て来たのか俺は知らない。だが、浦島の隣りに今いるのは俺だ。それは胸を張って言える」

 宣言通り桃太郎は反り返らんばかりに胸を張って見せた。そんな大仰な仕草に、浦島太郎は思わず笑みを零す。

「ありがとう、桃。なんだか現と限らず、夢にまで現れそうだね」
「そうか?それもそれでいいな」

 笑顔で浦島太郎が紡ぐ言葉に気をよくし、桃太郎は上機嫌で頷いた。

「もしまた夢に惑う事があれば、俺の名を呼べ。夢でも現でも、お前の声に応える奴が俺だ。応えない奴は俺以外だ。それでいいだろ?」
「頼もしいや、桃。なら、桃も夢で迷う事があったらおらの名前を呼んでな」
「おう!」

 力強く笑う桃太郎を、眩しいものを見るように目を細めて見つめる。

 彼は知っているのだろうか。
 自分が知るもの、自分を知る者、それら全てを失った。そんな浦島太郎が、時たまひっそりと、暗い思いに囚われることを。
 果たして自分は存在するのか。そんな根源的な疑問さえ晴らせないほど、心の内に沈んでしまう時があることを。

 己の存在を強く肯定してくれる桃太郎が、今や浦島太郎にとって大切な心の支えとなっていた。
 邪気のない瞳で笑う友人を見ていると、浦島太郎の頬も緩む。暗く沈む時だって、彼と話しているといつの間にか気分は浮上している。

「…ありがとう、桃」
「ん?」
「いや、何でもないよ」

 微笑み、視線を桃太郎から空へ移す。
 晴れ渡る青空が視界いっぱいに広がり、まるで夢の続きを見ているかのようだった。
 翁と鶴の哀しい物語を目の当たりにしたから、あんな夢を見たのだろうか。

 ―――いや、違う。

 何故か、理由は説明出来ないが、それだけではないと思えた。
 自分が鶴になった夢を見たのは、きっと…


.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ