BOOK

□零度の蕾
1ページ/12ページ






人は裏切るものだ。

だから、最初から関わりなんて持たないようにすればいい。

そうすれば、傷つかなくて済む。






私の高校生活は絶対零度だった。






誰とも関わらない。喋らない。

必要以上に慣れあわない。





それが私の日常だった。






でも、どこかで感じていた孤独感。





寂しいのに誰にも言えなくて
自分の決意が揺るがぬように零度の自分を守ってきた。





そんな私を暖かくて明るい世界へ連れてきてくれたのは
たった一人の陽だまりのような優しい男だった。






[零度の蕾]




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ