BOOK

□アイシテル
1ページ/6ページ








少年は少女を愛していた。





ただただ、愛していた。




気持ちが抑えられないくらいに少女に恋焦がれていた。








少年は嫉妬深かった。



少女が自分以外の奴と接しているのを見るだけで
幾度となく殺意を感じた。



少女は、自分だけのものだ。



いつしかそう感じるようになった。









「や…何で…ッ…離し…!!」







ガチャリ。






少年は少女を監禁した。




窓のない、暗くて小さい部屋。

薄ぼんやりと光るランプと無造作に置かれた毛布。

そして、チャリ、と少女の足に取りつけられた鎖。

扉には厳重な南京錠が付けられた。





数日の間、この部屋からは泣き叫ぶ声が絶えなかった。





少年はそれを聞いて笑みを隠さずにいられなかった。





興奮した。

少女の泣け叫んでいる時の姿を想像しただけで、下半身が高ぶった。





.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ