BOOK

□rainy
1ページ/4ページ






「…最悪、だ。」




まるでバケツをひっくり返したような雨に
私は思わず溜め息をついた。


確か、今日の天気予報は晴れだったはずだ。



「もうあの天気予報は見ないことにしよう。」



窓の外を見つめ、ふと独り言を零す。



どんより雲にざーざーの雨。
まだ、しとしとだったら許せたのに。


しかも今日の私は不機嫌なのだ。


余計にいらいらしてしまう。




つい先程まで私は職員室に居た。
呼ばれた理由は…まあ、私が悪いのだけど。

1時間に及ぶ長い説教と反省文。
ちょっと授業中寝ちゃっただけなのに…。


あの先生はネチネチしてて苦手だ。


終わった頃にはこんな天気。

叱られる前は晴れだったのに!



…それだけではない。


今日は大切な日なのだ。



なのに、なのに…



樹の…ばかぁっ!!




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ