BOOK

□毒姫と変態王子
1ページ/8ページ





「悠斗くん、あそぼー」

「えー、こっちであそぼーよぉー」



まだ幼稚園児だった頃の俺は
毎日のようにこうやって女の子達に囲まれてたっけ。


それ自体は凄く嬉しかった。


まだ純粋だったし、子供だったら構ってくれるのは嬉しいだろ?



でも、それ以上に…



「…!?」




「えっ、悠斗くん?」

「さ、沙耶ちゃん…」




「悠斗はおれのだ!かってにさわるなっ!」




急に割り込んできて俺の服の袖をぎゅっと握りしめ
唇を噛み締めながら必死に俺を食い止めようとする女の子…



大好きな沙耶に独占されることが尋常じゃないくらい嬉しかった。




[毒姫と黒王子]




「チッ…悠斗、遅い。
 もうちょと早く来れないわけ?毎回待ってる私の身にもなれっつぅの。」



今はちょっと…
いや、かなり素直じゃなくなったんだけど。



.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ