Long

□童話のような世界 序章
1ページ/1ページ



昔々、あるところにとても栄えている大きな国がありました。そこにある、ひとつ歳の離れた仲の良い兄弟がいました。兄の名前は、弦一郎。弟の名前は、赤也と言いました。ふたりは、町の外れに小さな食堂を開いて生活をしていました。町の外れにある食堂と言っても、兄の弦一郎が作る料理がとてもおいしいと評判だったので、人気があり毎日繁盛していました。ふたりで店をまわすのは大変でしたが、力を合わせて切り盛りしていました。そして今日もふたりは、朝から店を開ける準備をしています。



「弦兄、店を開ける準備ができましたよ。」

「うむ。では、店を開けるとしよう。」

「今日も、お客さんいっぱいくるといいっすね。」

「ああ、そうだな。今日もふたりでがんばるぞ!」

「うぃっす!」



さあ、今日はどんなお客さんが来るのでしょうか・・・・・ 


[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ