突発的

□暗躍でございます!
1ページ/2ページ

『――暗躍の意味はね、ひそかに活動すること』


同じクラスの高羽隆司(たかばりゅうじ)が私に質問したので答えた。


彼は、青龍学園の副会長でブルードラゴンという警備隊長を務めている。


「如月早瀬か……。うーん、どっちも名前みたいだな」


『ちょっと、高羽!』


高羽を睨む。


「え、何?」


高羽は目を潤ませていた。まして、女装までしてやがる。だいたい何で私の姿で……わー、めんどくさい奴。


「で、早瀬……お前宿題やったか?見せてく――」


『悪い。他の人に貸してる』


「ちぇー。早瀬ならやってると思って来たのに」


高羽はすんなりと戻り、他の女子生徒の輪の中に入った。


――早瀬、暗躍って何だ?


私は、椅子から腰を上げる。


『暗躍とは、すなわち』


かすかに声をもらす。


『私のことだよ』


高羽隆司と……夏王院蓮(かおういんれん)それと、仙堂杏樹(せんどうあんじゅ)。


私が影の青龍学園、生徒会会長だよ。


口元が緩む。


今、青龍学園には影の生徒会があるとかで噂が持ちきりだ。


だから、表側の夏王院蓮たちは噂が本物かどうか捜査しているのである。


全くもう暗躍じゃない。


誰かは知らないがもらした誰かがいる。


トン、と廊下を歩いていると肩がぶつかる。


「ごめんなさい、よそ見していまして。会長……犯人が見つかりました。やはり新聞部でした」


『分かった……それにしても、また新聞部か。仙堂さんにもちょっかい出して、潰し――』


「会長、駄目です」


『冗談だって……私こそごめんなさい』


何もなかったように私たちは通り過ぎる。


今の生徒は影の生徒会メンバーの1人だ。


『新聞部、やってくれるじゃないの。ただでは済まさない』


暗躍を公表しやがって。


私は掲示板に貼られている新聞を破り、ゴミ箱に捨てる。


くだらない。


――青龍学園に影の生徒会が!?


――善か悪か、仮面の集団は一体!?


――我ら、新聞部が謎の彼等をあばいてみせる。


――この青龍学園に、夏王院蓮会長に挑んでいるのか。


――青龍学園の危機!?


『くだらない』




(生徒会長の名にかけて)



次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ