Howl's moving castel

□君を想う
1ページ/5ページ

過ぎた日々を想う




「ハウルさん。ソフィーさんがおばあさんじゃないと、いつ気がついていたんですか?」

マイケルが、今思い出したかのようにハウルに尋ねた。

きっとタイミングを見計らっていたんだろう。

マイケルの瞳がちらりとソフィーをとらえ、今度は天井へと向かう。

その先には何も見るものがないというのに。

可哀想な僕の蜘蛛達。
ソフィーに追いやられてすっかり宿替えをしたらしい。



「僕の愛しいソフィーはそんなこと気にしてるのかい?」

縫い物に精を出している振りをしているけど、耳はしっかりこっちを向いている。

ほんとにソフィーったら、どうしてこうも可愛いんだろう。

こんな根回しなんてして。自分で聞けば良いのに。
ソフィーの後ろから抱きついて見る。


「ちょっとハウル!?危ないでしょう?」

「ねぇ、ソフィー。どうしてそんな事知りたいの?それは僕とのことだから?それともソフィーったらほんとに世界中の事全部知らないと気が済まないの?」

腕の中にいるソフィーったら顔が真っ赤。

「私が聞いてないじゃない。」

ぽつりとこぼした言葉は、さっきの会話を聞いてる証拠。

ほらね、しっかり聞いてる。




でも、いつだったかな。
よく覚えてないけど、そうかなと思う場面はたくさんあった。

ソフィーは演じ切っていたけど、やっぱり若さが所々に滲んでた。


今思うと、ソフィーったら。

昔のソフィーが脳裏に浮かび、思わず笑ってしまう。

それに気を悪くしたのか、ソフィーはまた針を持ち直すと、飛ぶように縫い上げてゆく。


まだうっすらと赤い頬を見て、ハウルの心臓に温かさが広がった。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ