★B1A4★

□ボクがキミを。
1ページ/4ページ

初めてメンバーと顔合わせした時。

ふにゃりと笑ったその顔を見て、体中を締め付けていた緊張が少し緩んだのを覚えている。


それから、何回救われただろう…


彼のその笑顔に。


そして、その度に何回思っただろう…


彼を守るんだ、と…。


僕しかいないんだと。


ジニョンを守ってやれるのは…



僕だけだ…。



それから…


それから…





次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ