short置場

□悲恋伽
1ページ/5ページ


こんな気持ちになるくらいなら、恋などしなければよかった。

「由奈、帰ろう」

にっこりと笑いかけてくる亜美。私の親友。
隠し事など一生しないって思っていたけど、今は……

「ん、でも俊くんいるでしょ、遠慮しておくよ」
「もー、由奈ったら……」

恥ずかしそうに俯く姿は、女の私から見ても可愛くて。
俊くんが好きになるのもわかるの。
わかるんだよ、わかってるんだよ、だけど……



私だって、俊くんが好きなのに。





.
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ