short置場

□真っ黒な灰かぶり
1ページ/7ページ



昔々ある都のお屋敷にシンデレラという美しい少女がおりました。


父が美しくも意地悪な継母とその二人の意地悪な娘と結婚し、しかも領地へ数年間戻る事となったため、残った継母と娘に苛められたシンデレラは下働きとして屋敷で働かされる事となりました。


このシンデレラはしたたかで、女癖の悪く母を苦しめた父を憎んでおりましたので、腹の中では三人を殺してやりたいほど嫌っておりました。


しかしけして表にはせず、ただひたすら耐え忍びいつか復讐しようと健気で純粋という猫をかぶっておりました。


黙々と口答えせず働くシンデレラは周りから認められ、継母もついには休みを与えたりと多少の待遇改善をしなければならなくなりました。


そんなある日、一日休みを貰ったシンデレラは、亡き母の古いドレスを纏い、小さな箱を抱えてとある場所へ向かいました。





次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ