悪食少女の非日常

□2
1ページ/4ページ

「私は昔、祖母と一緒に暮らしていました。

両親はすでに他界しており、肉親と言えば祖母一人でした。

祖母は優しい人でした。私が異端児であることを知った上で、育ててくれて、私の異端を隠してくれました。

それは、3年前から始まりました―――



* * *


「ねぇねぇ、おばあちゃん、あのお話聞かせてよ」


「おや、またあのお話かい?たまには違うお話を聞きたくないのかい?」


祖父は優しく聞いてきましたが、私はというと、


「ううん、あのお話がいいの!ねぇ、お願いー」


そう言ってだだをこねていた。

祖母は仕方ないねと言うような顔をして、私の前に座って話して聞かせてくれた。


「昔々、あるところに“幸せの木”という木があり、人々はそこに町を作って暮らしていました。

人々はその街を、『幸せの町』と名づけ、毎日楽しく過ごしました。

しかし、愚かな人間たちは、お互いに争いだしたのです―――」


「ねぇ、おばあちゃん、なぜ争い始めたの?みんな仲良くしていればいいのにね」


そう言うと、祖母はどこか悲しそうな笑顔を見せて言った。


「さぁねぇ、そんな生き物なんだよ」


そう言って話を続けた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ