悪食少女の非日常

□4
1ページ/4ページ

――トン、トン。
誰かがドアをたたく音が聞こえた。
お客様が来る予定なんてあったかしら・・・?

一先ず軽く身だしなみを整え、ドア開けてみると、黒髪の10歳くらいの女の子が不安げに立っていた。

「えっと・・・ペチュニアさん、ですよね?私、この町に引っ越してきました、キルと言います」

ゆっくり、女の子が聞いてくる。
そう言えば、ギグルスに引っ越してきた人がいると聞いていたわ。
家そんなことよりこの子―――

「か、かわいいいいっ!!」

「ふ、ふわあぁっ!?」

私はたまらずキルちゃんに抱きついた。
なんだかじたばたしてるような気がするけど気にしない。

「何この子可愛すぎるっ」

小動物みたいな瞳とか、小さいからだとか、まるで人形みたいっ!

「ね、これからお茶でも飲まない?」

腕を緩めて聞いてみたら、「ほ、他にも回らないといけないで・・・」と断られてしまった。

残念だわ・・・。

「え、えっと、私はそろそろ行かないといけないです」

「あら、それならちょっと待って」

私はキッチンへ行って、あるものを持ってきた。

「これ、私が作ったクッキーよ。持ってって」

するとキルちゃんは笑顔で言った。

「ありがとうございますです」

「またいらっしゃいね」

はーい、とキルちゃんが言って走って行った。あぁ、あんな子が妹だったらいいのに。
―――まぁ、急にせいちょうするかもしれないんだけど・・・。
せいちょうしちゃうなんてもったいないわ。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ