悪食少女の非日常

□6
1ページ/3ページ

部屋が暗くなり、家主が寝たことを確認して俺らは家の中に忍び込んだ。

「兄貴にしてはいいアイディアだよな、昼間のうちにドアに細工をするなんてさ」

「なんだその“にしては”ってのは!」

声を荒げる兄貴に「声でかいっての」と言って黙らせる。
ほんと兄貴はお子様だよな、婚だけでキレそうになるなんて。

そんなやり取りをしてから手近な部屋へ入る。

「リフ、これ見てみろよ。ルビーの指輪だぜ?」

兄貴が見せてきたのは細かな細工にルビーのついた指輪。

「へぇ、子供だってのにけっこう高そうなものもってるじゃん」

俺はそれを用意した袋に入れる。

周りを見てみるが・・・他には特にめぼしいものはないか。

「兄貴、次は?」

「寝室いくぞ」

寝室か・・・ちょっと気がかりではあるが、子供だし大丈夫か。

寝室へ行ってみると、黒髪の少女がすやすやと寝ていた。
とりあえず、物音を立てずにバックの貴重品をあさる。

ん、意外と高額持ってる。

「そろそろいくぞ」

兄貴が言ったので、部屋を出ようとした時、

がたっ!!

そばの花瓶が倒れた。同時に指輪も下へ落ちる。

「ん・・・?」

やばい!目が覚めた!!

俺があわてていると、兄貴がナイフを持って少女の首に突き付けた。

「お前、ちょっとでも暴れたら切るからな!」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ