悪食少女の非日常

□幕間1
1ページ/3ページ

「ランピーさん、ランピーさん!」

「・・・?キルか。どうした?」

キルがパタパタと駆け寄ってきた。

ん、なんか嬉しそうだな。

「昨夜ね、いい夢を見たの!」

「夢?」

「うん、私がいて、ランピーさんがいて、モールさんがいて・・・皆がうれしそうに笑ってる夢」

夢、か・・・俺がそんないい夢を最後に見たのはいつだっただろうか。

最近は忙しかったし、もうずいぶんも前だった気がする。

いや、そもそも見ていなかったかもしれない。

「私ね、朝起きてすぐにお願いしたの」

「願い事って、どんなだ?」

キルはすこし恥ずかしそうにしながら言った。

「この夢のように、いつまでもみんな笑顔で、幸せに暮らせますようにって」
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ