悪食少女の非日常

□幕間1
2ページ/3ページ

キルらしい。

”みんな笑顔で幸せに”

そんなこと、あんまり思ったことなかったような気がする。

・・・俺も、まだまだこんな子供に教えられる事があるなんて思わなかったな。

情けなくもあり、同時にキルの将来を楽しみにも思う。

「ランピーさん・・・?」

「あ、すまん」

キルが心配そうに顔を覗き込んでいた。

もしかしたら、いつかこいつは本当に“夢”を現実に出来るかもしれない。

なんて思いながら、俺はいつものごとく、キルの黒髪をなでてやった。

風が吹き、キルの髪が乱れる。


そろそろ俺らも、この町も、変わっていく時なのかもしれない。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ