悪食少女の非日常

□9
1ページ/4ページ

今日は日曜日。
私としては、ヒーローの仕事を休んでゆっくりパンでも焼いていたかったのだが、世の中そううまくもいかないらしい。

「う・・うぅぅっ、うぁぁっ・・・」

道のど真ん中で泣いているキルを見つけて途方に暮れていた。


「だ、大丈夫、かい・・・?こんなところで一体、どうしたというんだい・・・?」

「う、うぅっ…」

問いかけても返事は帰ってこない。それどころかさらに涙をぽろぽろ流す始末。

私が泣かせていると思っているのか、道行く人々の視線が痛い。

焦りを感じて冷や汗が首筋を伝った。

「とりあえず、公園にでも行かないかい?」

聞いてみると、キルはコクリとうなずいた。

「では、行こうか」

私は彼女の小さい手を握ってゆっくり歩き始めた。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ