悪食少女の非日常

□14
1ページ/4ページ

大きな揺れだ。部屋の中の家具が大きくゆられている。とりあえず、家具が倒れない安全な場所へモールとキルを移動させるか。

「こっちへくるんだ。そこは危ない」

そういって引き寄せる。

しばらくすると揺れは収まった。
しかしおかしい。今まで地面が揺れるなんてなかった。

「地震…ですかね」

地震…?
どっかで聞いた事ある気もするが点で覚えていない。
…これだから馬鹿って言われるのかよ。

「ランピー君、新聞配達をしているならこれくらい知っておきなさい。先ほどのような揺れの事ですよ。確かにこの町にはめったに起きませんが、ないわけではないのですよ」

そういえば、そんな内容だったような。初体験だな、地震。

「しかし、もし地震であれば今のは一番最初の揺れ。また起きたら今度こそ生き埋めになる事でしょうね」

「ひっ…い、生き埋め…です…?」

キルの表情がまた強張る。
そりゃ、そうだろうな。いくら生き返るとはいえ、生き埋めはつらい。
…俺がやってしまったことではあるが、カドルスも相当苦しかっただろうな。申し訳ない。

「それじゃあ、ここを出るか。ほら、行くぞ」

そういって手を引こうとしたが、モールに止められてしまった。
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ