〜The Blood of Death End〜



昭和58年初夏
従来よりも少しばかり早い本格的な夏の訪れに、人は戸惑い、蝉は狂ったようにきわめいた。

「雛見沢村連続怪奇事件」

毎年のように起きる謎の事件。
「一人が死に、一人が消える」
それぞれ関連性がないと見られていた事件だが、ある共通点があった。
それは全ての事件が綿流しの祭で起きているというものだった。

あなたは信じきれるだろうか?
この世界で起こる摩訶不思議な出来事。
存在しない人間との出会い
存在する人間の消失
……日常が崩されていく。

カナカナカナカナ……。
今宵もひぐらしがいている。




ようこそ。
仮想電脳空間資料庫「ひぐらしのく頃に」へ。
あなたは1051人目の雛見沢資料閲覧者です。
あなたの訪れを楽しみにしていました。

これから起きるのは惨劇か、悲劇か、それとも喜劇か……。
全てはこれから始まる。

そう、ひぐらしのく頃に





案内板


管理人紹介


雑記帳


更新履歴


資料庫


感想掲示板

.





さあ、もうは投げられた。
これからどう行動するのかは、あなた次第。

さあ、行こう。
雛見沢へ。
惨劇を終わらせるために。
笑顔を取り戻すために。

ひぐらしのく頃に







・エフルート検索です









ブックマーク|教える
最終更新日 2010/11/04




©フォレストページ